AmazonEchoの言語を英語にしてみたら毎日強制的に発音練習です。

投稿日 by admin

スマートスピーカー

Amazonアレクサはとても便利で、すでに私の生活になくてはならない存在になっています。毎日の予定や時間管理を全て任せっきりと言ってもいい状態です。これを使い始めてからは火の消し忘れや買い忘れは殆ど無くなりました。気が付いた時にすぐに声にすればいいのが有難いものです。

先日アレクサのスキルを調べていたら、日本ではあまりないようなスキルがアメリカには多数あるという記事を見ました。すぐにアメリカのスキル集のサイトを見てみると、確かに日本のスキルとは比べ物にならないほどの量があり正直驚きました。とりあえず日記系の物を選んでいくつか試してみる事にしました。

英語のスキルを使うにはアレクサの言語を英語にする必要があり、元のサイトもUSAにしないといけないのがかなり手間でしたが何とか設定する事が出来ました。次の問題はその使い方でした。

説明は当たり前ですが全て英語で、普通のマニュアルのように図解とかはされていませんので経験値が物を言う世界のようです。まだアレクサ自体を使い始めてあまり時間が経っていないのでかなり高いハードルだと感じて、後日に回す羽目になってしまいました。

それでもいくつかの発見をすることが出来ましたので、まずそれからやってみようと思いました。アレクサを英語に変えた時に分かったのが、指示をちゃんとした発音でしないと分かってもらえないという事でした。特にthの発音は適当にしていると殆ど聴き取ってもらえません。

音楽をかけてもらう時にアーティスと名とかにthが入っていたらほとんど聞きたかったアーティストではないか、フーンとか言われて何もかけて貰えなかったりです。ここで気が付いたのが発音の練習に使えばいいという事でした。英会話学校でもほとんど毎回のように発音を注意されていますし、今までいくつものアプリを試してみましたがうまくいきませんでした。

アレクサを使う事でいいところは会話形式になる事と、こちらの指示がちゃんとしてもらえるかどうかが結果でわかる事です。ところがやってみるとなかなかうまくいかないので、ストレスが上がる一方です。朝アラームを止めたくても止めて貰えなかったり、タイマーをセットするのに何度もやり直したりしなければなりません。

AIはある程度の予測はしてくれるものの、基本的な発音には容赦ありません。発音の練習だと割り切って使うしかないと覚悟を決める事にしました。アレクサに話す前に発音の予習をする事にし、聴き取ってもらえなかったものは何度でも再チャレンジするのです。

この方法で三日使用してみた結果、fの発音はなんとか聴き取ってもらえるようになりました。thは10%の割合で却下されています。アレクサと仏に話せるようになるまでは茨の道を突き進むしかないようです。